ロゴ、写真

札幌芸術の森近郊から発信!

 
 
リード文

詩吟の理念

詩吟には上手下手はありません。歌が苦手な人も声が悪い人も詩吟はやれます。詩吟を通して、私たちがどのようにして生きて行くべきか、楽しみながら、そうした人の道を知ることが最も大事なことです。

真善美の心を学ぶ!

詩を吟ずることにより、その真なるものに触れ
詩を吟ずることにより、その善なる心を呼び起こし
詩を吟ずることにより、その美なるものに感動する

ご挨拶と詩吟教場

バラの花、写真
会長橋本精淙
ようこそ、札幌岳精会のホームページにおいで下さいました。詩吟というものの真髄を一言でお伝えし、詩吟を指導する「詩吟教場」もご紹介いたしました。
経歴の概要と活動実績について簡単に触れましたが、幸い報道記事もありましたので掲載し、想い出をスライドショーでまとめてみました。
みなさんが詩吟に関心を抱かれ、詩吟の嗜みを持っていただければと願いつつ!
会長橋本精淙、写真

プロフィール

岳精流日本吟院札幌岳精会 会長 橋本精淙
            〈はしもとせいそう〉

昭和49年 岳精流日本吟院(当時、岳精会)入会。
昭和53年 指導者としての道を歩む。
昭和59年~61年 (財)日本吟剣詩舞振興会主催「全国少壮吟詠家審査コンクール」に挑戦。
このコンクールの出場資格は、年齢35歳から55歳・指導暦3年以上で、吟詠の芸術的向上と優秀新人吟詠家の発掘を目的として行われるもので、名流吟詠家への登竜門とも言われる最高レベルのものです。
全国7地区大会で選抜され、全国大会では3回入選した者が少壮吟士候補者特別研修会を修了して、はじめて「少壮吟士 」として認められ、 日本武道館で行われる全国吟剣詩舞道大会で表彰されのであります。
私は、幸い3年連続入賞を果し、所属の岳精流日本吟院では最初の少壮吟士であり、また、東北・北海道において現在においても続く者はおりません。
昭和61年から、札幌岳精会会長として会員の指導はもとより、財団の詩吟コンクール審査員。NHKラジオ(FM)・NHKテレビ出演。財団の全国名流大会・全国吟剣詩舞道大会出演。 吟詠芸術日本代表使節団の一員としてブラジル公演 (昭和62年)・中国海外公演(平成20年)に参加。
 
 
 
地名 教場名 曜日・時間 会場名・電話 所在地
札幌 北白石
18:00
北白石地区センター
011-874-8232
003-0833
北海道札幌市白石区北郷3ー7
  真駒内
10:00
月2回
南区民センター
011-584-2100
005-0014
北海道札幌市南区真駒内幸町2
  簾 舞
12:30
月2回
ミソマップ会館
011-596-4077
061-2272
北海道札幌市南区簾舞4ー2
  清 田 
10:00
清田区民センター
011-883-2050
004-0841
北海道札幌市清田区清田1ー2

 
旭川  旭 川 
10:30
稲垣宅
0166-56-6889
078-8814
北海道旭川市緑が丘南4ー1 
  旭川桜
13:00
中央公民館
0166-31-5218
078-8215
旭川市5条通20丁目
 
 

詩吟への誘い。

歌とは違い、詩吟の旋律はほぼ一定しておりますので大変覚えやすく、声の良し悪しなどに関係なく子供から大人まで楽しむことが出来ます。
ご入会の条件などは特にございませんが、あなたの友として継続することが大切であると思います。
上記の通り教室を開いておりますので、お気軽に見学においで下さい。
 
 

札幌岳精会

所在地・お問い合わせ

〒005-0853 札幌市南区常盤3条2丁目3番16号
Tel  011-592-0041
携帯 090-5228-3065 

 

報道記事

昭和49年から詩吟をはじめ、その10年後からコンクールに 挑戦して財団法人日本吟剣詩舞振興会の「少壮吟士」に推挙されましたが、その情況やその後における詩吟活動について報道されました。喜びの情が今も心の奥深く潜んでいる!

少壮吟士受賞記念報道記事
 

少壮吟士受賞記念。

名前「淙風」は当時の雅号、現在は「精淙」。

 
 
報道記事、保育園児指導の喜び
 

保育園児の詩吟指導の喜び!

 
日本の伝統芸道と呼ばれる詩吟(吟詠)を通して、人作りに努めたいと保育園2カ所に詩吟の指導をしております。
宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ」は、園児も親しみを持ってくれて、楽しく学んでおります。 
 

スライドショウ

 これまでの詩吟活動の主な流れを十数枚の写真にまとめました。

少壮吟士表彰式典写真 少壮吟士受賞、武道館前記念写真 NHKテレビ出演記念写真 北京国際吟詠会訪中団、天安門広場前で記念写真 北京国際吟詠会訪中団、舞台記念写真 少壮吟士10周年記念大会舞台写真 札幌岳精会25周年記念大会吟詠、舞台写真 札幌岳精会25周年記念大会舞台、親子出演。琴松原美幸子、尺八橋本昊山 札幌岳精会25周年記念大会、舞台構成番組「良寛」 会長橋本精淙吟詠写真 会長橋本精淙、吟詠写真 舞台、詩舞、写真 会長橋本精淙、吟詠写真 舞台、詩舞記念写真 小学校で詩吟講習風景写真
懐かしい詩吟活動の想い出。

★日本吟剣詩舞振興会公認「少壮吟士」表彰式〈S61/11/16〉日本武道館。 ★日本武道館前にて★NHKテレビ出演記念★天安門広場にて〈H20/3/23〉★北京国際吟詠会訪中団★少壮10周年記念★少壮10周年記念★札幌岳精会25周年記念★構成番組「良寛」★ご挨拶★他流派舞台★詩舞と組んで吟詠★札幌岳精会35周年記念舞台★創立40周年記念舞台★小学校詩吟授業

岳精流日本吟院総本部

 

岳精流について

岳精流は川崎市に本部を置き、北海道から沖縄まで全国にその地の名を冠した岳精会で組織されております。
祖宗範の(故)横山岳精先生は、岳風流の祖木村岳風師の高弟の一人で、川崎市成人学校の講師を長年勤め、働く者のための詩吟!を合い言葉にしておられました。
成人学校で育った愛吟家によって「岳精会」が出来たのをはじめ、その名吟は数多くの詩吟レコードやラジオ・テレビ放送を通じて全国に轟き、急速に岳精会が作られて行きました。
昭和62年10月4日、東京帝国ホテルで岳精流日本吟院が創流され、その後発展をつづけております。
 
 

 
岳精流二代宗家横山精真肖像写真
岳精流二代宗家

横山精真先生

★詩吟は、真善美の心を養う。
★詩吟をやる者に悪人無し!
★吟の前に詩あり、詩の前に人あり!
★好きなテレビ番組もスイッチを入れなければ見られない。詩吟もいいなと思ったら、人に伝えるのはあなたです!
★詩吟は世を明るくする、人のため世のために!
★努力した結果は、いずれあなたに戻っている!
このような、祖宗範の吟道の教えを受けた宗家横山精真先生は、全国の岳精会を統率・指導しておられます。
その結果、(公財)日本吟剣詩舞振興会主催「全国吟詠コンクール」「全国少壮吟詠家審査コンクール」「全国合吟コンクール」では、岳精会が優秀な成績を収めておリます。
 

総本部事務局  

  • 所在地
    • 〒210-0837  川崎市川崎区渡田1丁目1番4号
  • 連絡先
    • Tel    044-201-7886
    • Fax 044-366ー2468

 
 

本部へリンクボタン

CONTACT

( お問い合せ)